当行の輸出入取引金融ソリューションは、ビジネスのキャッシュ・フローを効果的に管理し、リスクを軽減するのに役立ちます。

貿易金融ローン(現地通貨と外貨)

輸出入向け融資(貿易金融ローンとしても知られる)は、短期運転資金融資の一形態であり、これを利用することで、輸出入業者は、契約した取引に必要な資金を取引毎に調達できます。各取引は、適切な書類によって証明されなければなりません。

貿易金融ローンは、国内および海外との取引支援として利用可能で、支払債務を国内通貨または外貨で前払いします。

輸出入のための融資は、貿易取引の様々な段階における輸入者または輸出者の資金需要に見合うように、出荷前でも出荷後でも対応致します。

輸入者にとってのメリット:

  • 輸出者の販売条件に見合うため、または輸出者の販売条件が十分でない場合に必要な資金/流動性へのアクセス
  • 輸出者とより良い商取引条件(コスト削減など)を交渉し、輸出者が提供する早期支払い割引を受ける可能性

輸出者にとってのメリット

  • 注文実績に基づいた、輸入者への商品の製造及び供給のための資金調達
  • 輸入者がより長いクレジット期間を必要とする場合のビジネス機会を逸しない

前払い

この方法では、商品発送前に輸出者に代金を支払う必要があります。輸入者(買手)が出荷日前に輸出者(売手)の口座に送金する際、通常、電信送金が利用されます。このタイプのオープン・アカウント取引の下では、リスクは輸入者側にあります。

荷為替手形取り立て

商品の輸出に関する書類は、支払いと引き換えに銀行システムを通じて海外の買い手に転送されます。支払いの回収は、「一覧払い」(買い手が船積書類を見たとき - 手形支払書類渡しとして知られる)または「期限」(荷為替手形が重要となる将来合意された時点 - 手形引受書類渡しとして知られる)のいずれかで行われます。

荷為替信用状

信用状は、取引を容易にするために、基本的に銀行の信用を顧客の信用に置き換えます。荷為替信用状は、顧客に変わって銀行(発行銀行)が他の銀行(通知銀行または確認銀行)に受益者である輸出者への支払いを許可する契約上の合意です。

  • ステップ1: 発行銀行は、顧客(購入者/輸入者)の依頼で信用状を開設し、信用供与に基づいて引出を引き受けることを保証します。
  • ステップ2 確認銀行は発行銀行に信用状が有効であることを確認し、その後売り手である輸出者は支払いが確実になされることを確認した上で商品を発送することができます。
  • ステップ3:取引条件が全て満たされた場合、確認銀行は信用状により代金を回収し、その代金を売り手である輸出者に支払います。

Jトラストロイヤルは、輸入または輸出のニーズに応じて、発行銀行と確認銀行両方の機能を提供いたします。

Jトラストロイヤルでは、輸出者が商品出荷書類の提示に必要な手続きを完了する前に、信用状支払いの前払いを輸出者に対して行うこともできます。輸出者にとってのメリットは、商品が仕向地に出荷されるまで待たずに支払いを受けとれることです。手数料がかかります。

非換金クレジット手形(BNNUC)

BNNUCは融資商品の一つですが、その内容は、輸出者であるお客様がJトラストロイヤルに対し、手形の貸付・割引*(流動性を供給)、および輸出書類の買い手の国のコルレス銀行への送付(手形と一緒に*)を依頼し、コルレス銀行がお客様およびJトラストロイヤルの指示に基づき売上金の回収・返還を行います。手形の支払または引受に対して、買い手に文書が発行されます。

サポートが必要な場合、または貿易金融に関するお問い合わせがある場合は、サポートチームにお問い合わせください。

電話番号:855 (0) 999 251 / 252までお問い合わせください。

営業時間:月曜日〜金曜日の午前8時〜午後5時(祝日を除く)